ラッキー・ストリーク・ライブディーラー・カジノ レビュー

会社紹介

ラッキー・ストリークは2014年に設立したばかりの、ライブディーラーゲームを提供するイスラエル基盤のデベロッパーである。株式非公開の同社は現在70名を超える従業員を抱えており、その中には、オンライン行動と製品開発の専門家が含まれている。

ラッキー・ストリークはライブゲーミングを専門としているが、同時に、スロット、固定オッズのゲーム、ビデオポーカー、カードゲームを含むRNGゲームも提供している。プレイヤー主体のメンタリティーのおかげで、国際的ゲーミングコミュニティでもかなりのファンを獲得しており、その結果、信頼できる数々のオンラインカジノへの参入を果たしている。

同社は、キュラソー島のライセンスで運営している。メインスタジオはラトビアで、小さなスタジオはフィリピンにもあり、ロシア語、英語、その他少なくとももう一ヶ国語を話すマルチリンガルのディーラーが揃っている。

ラッキー・ストリークの提供するゲーム

ラッキー・ストリークのゲームは、優雅なブルーのテーブルとアールデコ調の金色の背景を売り物とした、リトアニアおよびラトビアのスタジオから配信される。同じエリアに複数のテーブルが配置され、どのゲームを選択しようともこれらのインテリアが見え聞こえする。従来型カジノの外観とプレイ感覚が、見事に再現されている。

「ロビー」にはプレイ可能なゲームと、ディーラーの画像および氏名、テーブルベッティングの限度、最近の結果と、参加者数が表示される。ラッキー・ストリークのプラットフォームがデバイスと帯域幅の制約を検知し、ストリームを的確に調整する。

カメラ表示はひとつだけ(ライブルーレットのカメラを除く)で、ビデオ画質は高、中、低、および自動の間で調整可能だ。機能には、ディーラーへのチップ、意思疎通ができるビデオチャットオプションなどがある。きれいに整頓された画面には、テーブルとディーラーが、常時鮮明に映し出されている。

ラッキー・ストリークのライブルーレット

「ライブルーレット」にはヨーロッパ式のシングルゼロが採用されており、配信には16:9のHD画質が使われる。プレイヤーは、マルチビューかクラシックビューのどちらかを選択できる。前者では角度の切替が可能で、ゲームの段階に応じて驚異的なクローズアップ画像が提供されるのに対し、後者は固定視点で、回転するルーレット盤に焦点を当てた小さな画面が追加表示されている。

過去数回のラウンドのオーバービューの隣には目立たない「統計」ボタンがあり、ここで、ホットナンバー、コールドナンバーのリストを併記したより幅広い所見と、各ナンバーの当たり回数を示したルーレット盤型の表を見ることができる。

Voisins du zero、Le tiers du cylindre、Orphelins、コーナー、スプリットなどのベットの宣言には、標準的なベッティングテーブルにベットを置くか、レーストラックを使用するかを選択できる。

ラッキー・ストリークのライブブラックジャック

ライブブラックジャック」は、標準的な7シートゲームで、8セットのトランプとラスベガス式ルール(ディーラーが2枚のカードを取る)を採用している。「事前決定」ボタンを使用すれば、自分の順番を待ってヒット、スタンド、スプリット、ダブルダウンを宣言する必要はなくなる。

ディーラーがソフト17でスタンドするとブラックジャックの賭け金は3:2、プレイヤーがインシュアランスを選択すると2:1となる。さらに、サイドベットとして21+3とパーフェクトペアがオファーされると、最初に配られた2枚のカードがペア(スートの種類に関わらず)になった場合、そしてスリーカードポーカーの組み合わせができた場合に配当が支払われる。

21+3のサイドベットの場合、どういった組み合わせでも,、有効である限り配当は9:1だが、これはほとんどのライブゲームのデベロッパーに比べて低くなっている。

ペアをスプリットして、スプリットハンドを含む2枚のカードでダブルダウンすることもできる。ベットビハインド機能を使うと、7シートがすべて埋まっている場合でも参加可能だ。左側にある折り畳み可能な「統計」ボタンを使うと、現在テーブルについているプレイヤーの中で一番優勢なのは誰かが分かる。ビジュアルタイマーでは、ベットまでに残された時間が表示される。

プレイヤーは、カードが配られてから10秒以内に、どのように進めてゆくかを決めなければならない。インターフェイスがうまく設計されているため、ゲームがクリアに表示され、様々なオプションや情報も、目立たない折り畳み可能なメニューの中にきちんと収められている。

右上角にあるボタンを使用すると、ゲームのルール、設定、動画、音響制御にアクセスできる。下部には、サイドベット表示、「ロビー」への入室、履歴表示、ディーラーとのチャットを可能にするアイコンがある。

ホストの仕事ぶりが気に入れば、テーブルの左側にある「チップ」スロットを使って、チップを提供しよう。

ラッキー・ストリークのライブバカラ

ラッキー・ストリークのライブブバカラは、一人でも大人数でもプレイできる。いつものプレイヤー/バンカー/タイなどのオプションにいくつかのサイドベットを追加すると、ゲームがより面白くなる。ペアベットは、プレイヤーおよびバンカーに置くことができる。スーテッド(パーフェクト)、アンスーテッドや、あらゆるペアに加え、ビッグとスモールベットも使用可能だ。レイアウトは、ライブブラックジャックのように、鮮明ですっきりとしている。

折り畳み可能なメニューではゲーム履歴が閲覧でき、上部および右下角に格納されたボタンが、前述と同様に使用できる。履歴は、5つの標準ロードマップを介して、メインおよびサイドベットの正確な概要とともに表示される。

「マルチバカラ」ビューでは、他のプレイヤーが置いたベットが表示される。

ラッキー・ストリークのベストカジノ

よくある質問

ラッキー・ストリークは、並みいる他のライブカジノプロバイダーとどう違うのですか?

創立以来まだ数年しかたっていないことを考えると、ポートフォリオが限られていることも驚くべきことではない。だが、最も人気のあるテーブルゲームの3つを提供し、適度なコンテンツと機能をそれらに詰め込んで、高画質、高音質のビデオで提供するなど、同社は好調な滑り出しを見せている。

新ゲームの市場参入準備が整わなくても、VIPテーブルの追加によりオファーを強化することができそうだ。これまで筆者が見た中でも同社のディーラーは最高で、プレイヤーも歓迎された気持ちで、落ち着いてプレイできること請け合いだ。ラッキー・ストリークは概して前途有望な新規参入者であり、次にどんなことをしてくれるのか、筆者も心待ちにしている。

ディーラーはどうですか?

ライブを見れば気づくことだが、ラッキー・ストリークのディーラーは落ち着いていて、おしゃべりで、いつも喜んで新規参加者に話しかけてくれる。ゲームに参加する人があれば、すぐにそのプレイヤーの名前を呼んで挨拶し、ベットする前から何度か声をかけてくれる。ディーラーは魅力的な紳士淑女であり、大抵の場合、プレイヤーが以前のゲームに参加したことを覚えてくれているが、これは関係の構築に非常に役に立つ。デベロッパーは、ゲームホストの選考と要請に大成功していると言える。

ゲームはどんなデバイスでプレイできますか?

ラッキー・ストリークのゲームは、モバイル、タブレット、デスクトップパソコンでプレイできる。iOSおよびアンドロイドを使用したデバイスを介してアクセスし、もっぱら横長表示でプレイする。「ライブモバイルルーレット」はマルチビューモードのみを提供しているようだが、コンピュータで生成されたベッティングテーブルのフルビューと、ディーラーおよびルーレット盤を異なる角度から映した画面で切り替えることができる。

これは、小さな画面で関連要素をすべて見せようとする場合、非常に有効な手段だ。一方、簡素化されたインターフェイスは、間違ったボタンを誤ってクリックしてしまうリスクを軽減するのに役立っている。「ライブモバイルブラックジャック」と「バカラ」は、デスクトップでプレイするのとあまり変わらないが、オプションが非常に限られているという違いがある。

ラッキー・ストリークのディーラーはどこの国の言葉を話すのですか?

ディーラーからは、英語、ロシア語、またはトルコ語が聞こえてくる。また、インターフェイスがイタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、オランダ語と、その他数ヶ国語をサポートしているため、ホストが言うことがまったくわからなくてもプレイ可能だ。

ゲームロビーのテーブルについた国旗により、ディーラーがどこの国の言葉を話しているのかが分かる。

オンラインカジノランキング2021年のお勧めランキング
Vera & John高額なウェルカムボーナス
カジノガイド懸賞ツイッターで

King Billy Casino
King Billy Casino

キングビリーカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Casino Friday
Casino Friday

カジノフライデーってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Loki Casino
Loki Casino

ロキカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Cashmio
Cashmio

カシュミオってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Bitstarz
Bitstarz

ビットスターズってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説