セガサミーホールディングス、日本で巨額投資を開始

伝えられるところによると、日本のゲーミング複合企業セガサミーホールディングス社が、横浜市への統合型カジノリゾートの誘致に最大10億9000万ドルを投資する用意があると発表した。

伝えられるところによると、日本のゲーミング複合企業セガサミーホールディングス社が、横浜市への統合型カジノリゾートの誘致に最大10億9000万ドルを投資する用意があると発表した。

CasinoGuideJapan.comの報告によれば、東京証券取引所に上場されている同社は今週初め、アジアのカジノスペシャリスト、ゲンティン・シンガポール社と提携した。これは、本州山下公園近くの臨海部にある116エーカーの土地に横浜市が建設を計画するラスベガス型施設の誘致に関し、同施設の運営会社として選定されることを目指したものである。日本政府の掲げる3つのカジノライセンスのひとつを狙う横浜市の優先運営パートナーとしての権利を巡り、この新しいコンソーシアムは今後、マカオのギャンブリング大手メルコリゾーツ&エンターテインメントと争うことになると、情報筋は詳説している。

関連する参加プロジェクト:

伝えられるところによると、セガサミーホールディングス社はすでに、同国南部に位置する九州の非ゲーミング施設、フェニックス・シーガイア・リゾート事業に関与しており、同時にカジノを含む韓国のリゾート施設、パラダイスシティ開発の高利益率の権利のうち45パーセントを保有している。同社は当初、単独で横浜へのカジノリゾート誘致を目指していたが、その後コロナウィルスによる財政上の懸念により、係るプロジェクトには少数株主持分が関わると判断したとされる。

最終コース:

東京都心部から約17マイル南に位置し約370万の人口を抱える横浜市は、日本国内に建設が予定される、40年ライセンスに基づく3つの統合型カジノリゾートのひとつを誘致しようと、認可取得に躍起になっているとされている。しかしながら、建設を開始するには市はまず、想定されるカジノ施設の開発を実施する海外事業者を選定し、ライセンス申請書類をまとめて、2022年4月の締切日前に政府の選考委員会に提出する義務がある。

高額なプロジェクト:

ゲンティン・シンガポール社は、シンガポールの巨大開発であるリゾーツ・ワールド・セントーサに関与しており、さらに最近、横浜を目指すコンソーシアムに国内の建設スペシャリスト大林組、鹿島建設、竹中工務店、および警備会社である綜合警備保障株式会社を加えたとされる。マレーシアの投資専門会社メイバンク・​インベストメントバンク・バーハッド社の概算によれば、このパートナーシップに対し、想定される日本のカジノリゾートの実現にかかるコストは、約120億ドルに上るとされている。

その他の支出:

セガサミーホールディングス社は、金曜日の公式出願日を利用して、横浜での支出は「2020年代後半」と見られる「事業開始日までの累積基盤」であるとし、「金融機関からの借入金利およびその他の未来の要素により変動する」可能性があると報告している。

5.0 rating
最大$1000ビギナーズボーナス
5.0 rating
最大42,000円+100フリースピン!
4.8 rating
初回入金キャッシュバック最大777ドルまで
3.5 rating
最大$500ボーナスマネー+100フリースピン!
4.5 rating
$1000入金ボーナスと300フリースピンのウェルカムボーナス