地下ポーカークラブ、東京で摘発 WSOPで人気急上昇

先週、東京の違法ポーカールームで警察の強制捜査が行われ、14人が拘留された。経営を指揮したとして4人が収監され、イベントに参加した10人が逮捕された。

先週、東京の違法ポーカールームで警察の強制捜査が行われ、14人が拘留された。経営を指揮したとして4人が収監され、イベントに参加した10人が逮捕された。

地元のメディア機関によると、この強制捜査では、5月以来2700万円(23万7000米ドル強)を挙げていたとされるクラブが摘発された。参加中に逮捕された10人は釈放されたが、違法ギャンブルの罪に問われる可能性は残っている。

容疑のあったクラブは、高級ホテル、バー、レストランで知られ、2020オリンピックスタジアムが建設された新宿にあった。

日本では、ポーカーが地下ギャンブル組織のターゲットとされることは珍しく、多くの場合はバカラが選択される。しかし、今年のWSOPポーカーシリーズに参加した池内一樹や岡村元義などの人気日本人プレイヤーにより、現在ポーカーの人気は急上昇している。この日本人ポーカープレイヤーは両名とも、最近のシリーズでブレスレットを獲得している。

日本ではほとんどのギャンブルが禁止だが、パチンコと宝くじは特定の条件下で許可されている。娯楽としてのポーカーのプレイは禁止の対象ではないが、トーナメントで賞金を提供することは現在でも違法である。

このポーカールームが賞金を提供していたか否かは定かではないが、主催者がすべてのハンドから5%のレーキを徴収していたとされている。

日本では物議を醸すギャンブリング

日本ではここ何年かの間、多くの違法ギャンブルクラブが解散命令を受けている。

今年初めに東京で行われた強制捜査では、暴力団組長とされる人物が逮捕されている。これは、墨田区にあるポーカールームに関係していたとされる。違法カジノほど利益があるわけではないが、1年弱で約111,000米ドルの利益を挙げていたと言われている。

昨年9月には、警察により、東京で違法カジノを経営していた暴力団組長を逮捕したとの発表が行われた。約2年もの間経営されていたとされるこのクラブは、この期間、450万米ドルもの収入を挙げていた。

メディアの報告によると、どちらのケースにおいても、収益は日本の組織犯罪の資金として使用されていた。

統合型リゾート(IR)を介した合法ギャンブルが承認の最終段階へ進もうとしている中、これも組織犯罪に管理されるのではないかという懸念がある。日本政府が2018年にIR政策をまとめた際には、合法市場を乗っ取る方法を模索すると、暴力団からの警告があった。

日本のポーカー合法化への移行

暴力団からの警告とは裏腹に、ギャンブル合法化は、闇市場ギャンブル撲滅に役立つものと意図されている。日本では、最高3ヶ所のIR建設地の承認を来年に控え、その意図の実現が望まれている。

日本において、ポーカーは、興味深い経緯をたどってきた。他のギャンブルほどの人気はないため、立法者の興味の対象範囲にはないが、少しずつこれを変え、ポーカーをブームに乗せようと組織は働きかけている。

ワールドポーカーツアー(WPT)は過去数年間、枠組みの変更に取り組んでいるが、これが実現するにはまだまだ時間がかかる。現金のオファーはできないため、提供する賞品には工夫が必要だ。

賞品の一種であるWTPパスポートは、別の場所で開催されるWPTイベントへの参加費用を提供しようというものだ。しかし、多くの人にとって、これは現金の獲得と同じとは言えない。現金を賭けたゲームが提供されれば、それがたとえ違法であっても繁盛し続けることだろう。

5.0 rating
最大$1000ビギナーズボーナス
5.0 rating
最大42,000円+100フリースピン!
4.8 rating
初回入金キャッシュバック最大777ドルまで
3.5 rating
最大$500ボーナスマネー+100フリースピン!
4.5 rating
$1000入金ボーナスと300フリースピンのウェルカムボーナス