eスポーツ

日本人野球選手の年俸はどれくらい?プロ野球選手の年収事情

annual baseball player salary in Japan

「日本人野球選手の年俸っていくらくらいなの?」「​国内・海外でも有名なスポーツなので年収は高いのでは?」などと思ったことはないでしょうか?

プロ野球選手のニュースで伝えられる年俸額は、プロ野球が大きく稼げる場所であることを教えてくれています。しかし、ニュースには出てこないような選手やリーグなども含め、プロ野球選手の収入はどれくらいなのでしょうか?

プロ野球選手の年俸は、球団と契約する際の年俸額で決まります。ドラフト会議で指名されて入団する時にどのような金額が提示されるのでしょうか。

今回はプロ野球選手の平均年俸や最高年収などを調べましたので、ご紹介・解説をさせて頂きます!

プロ野球選手の平均年収

労組日本プロ野球選手会によると、2022年現在の国内プロ野球選手の平均年棒は4,312万円という結果が出ております。

これは調査を始めた1980年以降で最高額となっており、まだまだプロ野球は盛り上がっている最中といことがよくわかる。

またトップの選手は「数億円以上」の年俸をもらっており、プロ野球選手会公式ホームページによりますと、支配下選手の年俸最低額は「年俸440万円」と決まっているようです。(育成選手は240万円とされています。)

プロ野球選手の初任給

ドラフト会議では期待が高い選手ほど上位で指名され、その順位に応じた金額で契約されます。1位の選手は1,500万円前後、下位の選手でも500万円前後で提示されています。

ドラフト会議で指名されて初年度の契約をする際に、年俸とは別で「契約金」の提示がある場合もあります。契約金は選手への期待度とされ、過去には6億円を超える契約金のニュースもありました。

現在ではそのような契約金の高騰が問題視され、契約金1億円と出来高5,000万円が上限契約金とされています。

外野手の年俸が高く、捕手が低い

またポジション別に見た年俸は外野手の選手の年俸が最も高く、次いで内野手。最下位が捕手の選手という結果になっています。これは国内リーグの全球団に共通した傾向として現れています。

外野手・内野手は守備の技術ももちろん必要ですが、バッターとしての能力が年俸に大きく影響し、わかりやすいタイトルや成績を残すことで年俸を上げていきます。

 年上の選手ほど年俸も高い

プロ野球選手の年俸は契約更改をするたびに見直され、前年の成績や評価を踏まえて増えたり、減ったりもします。しかしながら、例えば前年で2,000万円もらっていた選手がいきなり2億円に上がるということなどはほぼ無く、逆に2億円から2,000万円まで下がることもありません。

まとめ

多くの選手の年俸は前年の活躍ぶりに対して査定が行われ、チームの予算と全体のバランスを踏まえて年俸・契約金額が決定されます。

各チームには査定を行うスタッフが存在し、成績だけでなくチームへの貢献度など多角的な視点から年棒が計算されます。

今回はプロ野球選手の平均年俸や最高年収などをご紹介・解説をさせていただきました。

ABOUT ME
カイドウミア
ミアはカジノライターの逸材です。彼女は、日本でプレイできる様々なオンラインカジノの重要な側面を理解するために何時間も(時には何日も)費やし、カジノガイドジャパンの読者が自身の性格やプレイスタイルに合った最高のボーナスやカジノ環境を簡単に見つけられるように、それらを明確かつ簡潔に提供しています。