オンラインカジノで勝つと税金がかかる?確定申告方法などを徹底解説

Do I pay tax winning online casino in japan

オンラインカジノはギャンブルで、インターネットの普及により日本国内にもたくさんのユーザーがいます。

ただ、オンラインカジノをプレイしていて思うのは税金のことではないでしょうか。

どれくらい勝てば税金を支払わなくてはいけないのか、申告の方法はどうすればいいのかなどわからない人も多いと思います。

そこで今回は、オンラインカジノと税金の関係性について徹底解説していきます。今後オンラインカジノでプレイしたいと思っている人は参考にしてください。

また、大勝ちしてどうすればいいのか困っている人もチェックしてみてください。

オンラインカジノの勝利金は課税対象

オンラインカジノのようなギャンブルで得た勝利金は、課税対象なので最終的に税申告が必要になります。

税区分は「一時所得」と呼ばれるものに該当し、勝利金を獲得したタイミングではなく、銀行送金などで手元に送金した場合に税金が発生します。

calculating tax on casino win

宝くじや競馬も本当は一時所得に該当

ここで疑問になるのが日本でもプレイできる競馬や宝くじ、競輪といったギャンブルで獲得した勝利金はどうなるのかというところではないでしょうか。

実は同じように一時所得として換算されますが、申告をしているのはほんの一部です。

その理由の1つが、税務署が資金の流れを見れないという理由から申告していない人もいます。

それと引き換えオンラインカジノは、勝利金は通帳に入ることが多いので足がつきやすいのです。

申告しないと後で大変なことになるので、しっかりと申告するようにしましょう。

オンラインカジノの税金計算方法

オンラインカジノで勝っているだけの場合は、税金がかかる可能性があるのでその計算方法をチェックしていきましょう。

  • 総収入額(勝ち分)− 支出した金額(負け分)= 50 万円 以上

一時所得は50万円までは控除を受けられますが、それ以上になると申告の必要がでてきます。

ただ、ざっくりと勝った金額と負けた金額を記録するだけでは、申告する材料となりません。

その理由は勝ったとき(オンラインカジノなら引き出したとき)につかった入金分しか経費にできないからです。

つまり、引き出しがなかったときの入金分は経費として認められないので注意してください。

あくまで、勝利金を引き出すタイミングで使った入金分ののみ当てはめて利用できるので注意してください。

playing in casino

オンラインカジノの税金申告方法とは

オンラインカジノでたくさんの勝利金を獲得した場合は税金の申告が必要になります。

税金の申告が必要な期間はその年の1/1〜12/31ののものです。翌年の2月〜3月に申告の方おだします。

その際には経費などの情報も必要になりますので入金した履歴がわかるものを手元に出しておくと良いでしょう。

自分で申告するとなると中々面倒でやりたくなくなってしまうかもしれませんが、早め早めに処理しておけば簡単に提出できるのでおすすめです。

例えば、出金した日やした金額、入金した日なども記載しておくことで後の処理が簡単です。

【シミュレーション】オンラインカジノで税金申告の必要があるかチェック

オンラインカジノで勝ったら税金申告が必ず必要になります。ただ、勝った時だけというのがよくわからない人もいると思いますので、例をもとに紹介していきます。

入金日入金金額内容損益
1/310万円10万入金して全て負けた-10万円(負け)
1/55万円5万入気して+25万円になって出金した+30万円(勝ち)
1/1030万円30万円入金して全て負けた-30万円(負け)

例えば上記のような例だったとすると、全てのマイナスは40万円なので利益は出ていないと計算してしまうかもしれません。

ただ、この場合は出金している30万円しか課税対象はありません。よって、30万円を獲得するためにかかった5万円しか経費にならないのです。

つまり、1/3〜1/10までの間の一時所得は25万円ということになります。

他に一時所得にあたるものがなければ、特に税金申告の必要はありませんので、そのままにしても問題ありませんが、他に一時所得があり、それが50万円を超えるのであれば税金申告が必要になります。

オンラインカジノの税金申告をしないとどうなる?

オンラインカジノで勝ったお金を申告するのは義務なので、一定額以上になってしまう場合は必ず必要な処理になります。

ただ「これくらいなら申告しなくてもいいだろう」「申告する必要あるの?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

オンラインカジノで勝っていて、一定金額を超えているにもかかわらず税金申告しない場合には、ペナルティが課せられることがあります。

オンラインカジノからの勝利金は銀行送金により手元に戻ってくる場合がほとんどなので、税務署の管理下でわかりやすいところで資金が移動しているのです。

オンラインカジノの勝利金で困らないための対処法

オンラインカジノはとても楽しいですが、税金申告のことなど考えるとどうすればいいのかと迷ってしまう人もいるでしょう。

せっかくの勝利金をもっと嬉しいものにするために、税金申告のための対処法を紹介します。

  • 入出金の記録は細かくつけておく
  • 一気に引き出さない
  • 税理士に相談する

それぞれ紹介していくので参考にしてください。

入出金の記録は細かくつけておく

まずは、入出金の記録はこまかくつけておきましょう。特に負けてしまったときのことを経費にしないためにも、出金できたときは細かく覚えておくのがおすすめです。

とはいえ、ただ覚えるだけでは限界があるので管理シートを作成してでも管理しましょう。現在は便利なアプリなどもあるので、活用してみてください。

一気に引き出さない

オンラインカジノで勝っただけでは税金はかかりません。

税金の申告があるのは、日本にある自分の通帳に勝利金を出した時のみです。つまり、調整して一気に引き出さなければ一時所得になることもありません。

もちろんカジノに資金を置いておくことになるので、使ってしまいなくなることも考えられますが、税金申告が面倒な場合にはそうするのもありです。

税理士に相談する

最終的に税金のことは税理士に相談するのがおすすめです。

オンラインカジノをやっている人の中には「会社にばれたくない」「家族に知られない方法はないか」など考えている人もいるのではないでしょうか。

もちろん自分でも税金申告はできますし、そこまで難しいことではありませんが、不安などからどうすればいいかと迷う人も多いです。

そんなときは、税金のプロである税理士に相談するのがおすすめです。頼むまでいかないにしても相談してみるのは無料のところも多いので利用してみてください。

オンラインカジノの勝利金はしっかりと税金申告しよう

オンラインカジノはインターネットを通じて気軽にカジノゲームが楽しめるという魅力がありますが、勝利金は一時所得に区分されるので税金申告をする必要があります。

「このくらいならバレないだろう」「誰も気にしないだろう」と考える人もいるかもしれませんが、通帳に記録が残ってしまう分追跡されがちです。

オンラインカジノを安心して楽しむためにも、勝利金が一定額を超えるようなら税金申告をしてください。

多額のペナルティーを支払ってプレイが楽しくなくなるより、きちんと支払いをして気軽に楽しめる方がおすすめです。

5.0 rating
最大$1000ビギナーズボーナス
5.0 rating
最大42,000円+100フリースピン!
4.8 rating
初回入金キャッシュバック最大777ドルまで
3.5 rating
最大$500ボーナスマネー+100フリースピン!
4.5 rating
$1000入金ボーナスと300フリースピンのウェルカムボーナス