ギャンブル依存症対策

ギャンブル依存症は、ある種の興奮を感じたいという欲求から生じます。この種の依存症に悩む人は、お金を失ってもギャンブルをする必要性を感じます。ギャンブルをやめることを考えるだけで、イライラしてしまいます。極端な話、ギャンブル依存症の人は、ストレスを感じるとギャンブルをしたくなります。

幸いなことに、ギャンブル依存症の克服を支援するためのウェブサイト、サービス、ホットラインが数多くあります。このギャンブル依存症対策では、ギャンブル依存症サイトやホットラインなど、あらゆる情報を紹介します。

1)一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター

http://www.gaprsc.or.jp/

東京を拠点とするこのセンターは、ギャンブル依存症と回復を扱う代表的なウェブサイトのひとつです。このセンターは、ギャンブル依存症の調査研究、予防回復支援や情報提供をしています。

年中無休、24時間受付のサポートコールも用意されており、2020年度の相談数は約4,000件にのぼる。70%が具体的個別相談で終了し、数名は全国5カ所に設置されている個別カウンセリングを受けています。

問題のあるギャンブルから逃れるための専門家による実践的なアドバイスを受けられます。

2)グレイス・ロード

https://gracelord.jp/

ギャンブル依存症に苦しむ家族の趣旨・意向に賛同し当事者の回復支援の手伝いしているサイトです。設立者の方は山梨県で他の依存症回復施設を運営した経験があるとのことです。また、寮も運営しているため、グループ行動で日中はデイケア施設として週間スケジュールに従って回復プログラムを実施し、夜間はナイトケア施設などに参加することにより、規則正しい生活を取り戻していくようです。

電話だけでなく、メールでの相談も可能なため、気楽に相談ができるのも一つの魅力です。

3)公益社会法人ギャンブル依存症問題を考える会

https://scga.jp/

ギャンブル依存症と回復を扱う代表的なウェブサイトのひとつで、メディアにも多数掲載されていて、最近注目を浴びています。

また、FacebookやTwitterをはじめとする様々なソーシャルメディアで支持されており、YouTubeでは、実際に俳優さんと依存症番組を配信してます。当事者や家族向けに相談会も実施されているので、是非サイトをのぞいてみてください。

4)ギャンブラーズ・アノニマス

http://www.gajapan.jp/jicab-ga.html

全国にミーティング会場があり、サイトでスケジュールを確認して、参加することが可能です。登録、予約、料金、名前さえも明かさなくてよい、社会的平等を大切にしているサイトです。電話などで相談はできないが、その代わりに自分と同じ依存症で悩んでいる人たちと会場で分かち合うことができる魅力があります。

ホットライン:

・0120-683-705 (一般財団法人ギャンブル依存症予防回復支援センター)

・055-287-8347(グレイス・ロード)

・188 (消費者ホットライン 消費者庁)

責任あるギャンブルの取り組みを行っているオンラインカジノ

ここでは、責任あるギャンブルをビジネスの重要な側面として推進しているオンラインカジノのリストをご紹介します。

安全な支払い方法

また、ユーザーの皆様が安心してご利用いただけるお支払い方法のみを推奨させていただいております。当社では、以下の支払・出金業者を推奨しています。