中国チームEDG、LoL eスポーツ国際大会2021を制す

中国チームEdward Gaming(EDG)が、リーグオブレジェンドの国際大会「League of Legends World Championship 」のタイトルを獲得した。この週末、中国ソーシャルメディアのトレンディングトピックはその話題で持ちきりで、ソーシャルメディアサイトWeiboでは日曜日、ハッシュタグ「EDG優勝」(#EDG夺冠#)が26億回以上も閲覧された。 

Edward Gamingチームによる投稿(「僕らはチャンピオンだ!!!!!」)には、360万以上の「いいね」がついている。

リーグオブレジェンド(LoL、英雄联盟)は、2009年ライオットゲームズ社が開発、発表したオンラインマルチプレイヤーゲームである。ゲームでは、プレイヤーチームがアイテムや経験値を積むことで力をつけ、相手チームと戦う。 

League of Legends World Championshipトーナメントは、アメリカのライオットゲームズ社により、2011年から毎年開催されている。ここ10年間で着々と成功を収めており、eスポーツの全体的な人気上昇に貢献している。 

League of Legend Championshipは、中国では2018年、「Invictus Gaming」(IG)がトーナメントで中国勢として初優勝を飾った時に初めて一般に知られるようになった。この勝利は大きなトレンディングトピックとなり、IGの優勝を祝って大騒ぎをする国内の大学寮を撮影した動画が、あらゆるソーシャルメディアで閲覧された。

今回は、EDGチームが11月7日(中国時間)に、3対2で韓国チームを下した。LoL World Championshipは元々、深圳で行われることになっていたが、コロナウィルス対策に関する論理的問題により、結局レイキャビクでの開催となった。

それまで国際大会の決勝戦への出場経験がなく、また決勝で、去年の覇者、韓国のDWG KIAと対戦することになったEDGは、試合前ウェブサイト「PCGamer」により、この決勝戦では「勝ち目がない」とされていた。 

EDGチームは2013年に結成された。Worlds 2021の決勝戦に出場したプレイヤーは、Flandre(李炫君)、Jiejie(赵礼杰)、Meiko(田野)、Scout(韓国名:이예찬/李汭燦)、Viper(韓国名:박도현/朴到贤)である。

EDG優勝に対する熱狂的な祝賀ムードで、陝西省咸陽市の学校では、一部の学生が学校に掲揚された国旗を下げ、代わりにEDGチームの旗を揚げようとした。オンラインレポートによると現在、現地当局が関与し、この件を調査している。 

一部のオンラインファンはこの動きを非難し、この行為はEDGチームの名声を傷つけるだけだと話している。

一方、Edward Gamingチームの中国での人気は、これまで以上に高まっている。EDGのみを取り上げたWeiboの「スーパートピック」は、現時点で45億回以上閲覧されている。 

4.5 rating
初回〜3回目の入金まで合計3回の入金ボーナスへと変更! 【新ウェルカムボーナスの内容】 ・初回入金ボーナス 最大$500までの100%入金ボーナス ・2回目入金ボーナス 最大$500までの50%入金ボーナス ・3回目入金ボーナス 最大$500までの50%入金ボーナス
3.8 rating
ビットスターズってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説
3.8 rating
最大100ドルまで 100%ウェルカムボーナス
3.3 rating
ゲットスロットってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説
3.5 rating
ミスタープレイカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説