Fnatic、アジアへの展開に1700万ドルを調達

イギリス基盤のeスポーツ組織Fnaticは、日本を基盤とする丸紅株式会社から、1700万ドルもの更なる資金を調達した。今回のこの資金流入は、同組織が計画するアジアへの展開の一環である。更に丸紅はFnaticと協働し戦略的パートナーシップを結んで、Fnaticによる日本事業所の開設と、アジア太平洋eスポーツ市場での取組みを支援する。

イギリス基盤のeスポーツ組織Fnaticは、日本を基盤とする丸紅株式会社から、1700万ドルもの更なる資金を調達した。今回のこの資金流入は、同組織が計画するアジアへの展開の一環である。更に丸紅はFnaticと協働し戦略的パートナーシップを結んで、Fnaticによる日本事業所の開設と、アジア太平洋eスポーツ市場での取組みを支援する。

展開計画

Fnaticはヨーロッパのeスポーツ組織として知られているが、規模の拡大と計画範囲の拡張に伴い、世界各地にサイトを設置しつつある。すでに世界的なeスポーツブランドではあるが、新たな資金局面を迎えるにあたり、そのスキルと専門知識をアジアに展開しようとしている。

eスポーツ業界にある他組織と同様、Fnaticも過去12ヶ月間で急成長を遂げた。ロックダウン後、ファンや競技イベントにとって、eスポーツおよびeスポーツベッティング業界は巷で唯一のゲームとなったからである。Fnaticは、昨年1年で、収益が80パーセント伸びたとしている。

この新しいパートナーシップを通じて日本に事業所を開設し、少しでも速くレインボーシックスシージチームを移転させることができれば、事業基盤を同国に拡大することが可能である。

日本およびアジアのeスポーツ

日本のeスポーツ市場は急成長しており、その価値は、2019年から2023年までの間に250パーセントの伸びを見せると期待されている。日本はまたeスポーツイベントにふさわしい場所である。2020年にeスポーツイベントに参加した人の数は690万人に上ると推定されており、これは2019年と比較して42パーセント伸びている。

Newzooのレポートによると、eスポーツの観客は、2021年には中国の熱狂的ファンだけでも9280万人、世界では4億7400万人に上るとされており、国際的な観客総数は2024年には5億7700万人に達すると言われる。eスポーツ観客数の占める割合が大きいアジアで、Fnaticのチームがその存在感を拡大してゆくのもうなずける。

厳密に言えば、日本ではeスポーツ賭博は違法だが、取締官の多くは見て見ぬふりをしており、外国規制のベッティングサイトを使用した賭博は許可している。

CEOからのコメント

FnaticのCEOサム・マシュー氏は、資金および成長計画についてこう話している。

「丸紅の戦略的ノウハウがこの資金局面をリードしてくれることを、大変喜んでいます。日本のビジネス環境に関する丸紅の知識は、事業をアジア太平洋地域に拡大させようとするFnaticにとって大きな資産になるはずです。」

Fnaticの将来

この他にもFnaticは、首脳部に強力な人材を追加した。最近起用されたのは、ジョージーナ・ワークマン(制作部長、元アピアヒア)、ジュリアン・デュポン(パートナーシップ開発部、元バイタリティー/ハバス)、オリバー・ロイス(アパレル部長、元ジムシャーク)、そしてパトリック・フォスター(CFO、元ゲットアラウンド)の各氏である。

Fnaticは、登録選手名簿の中でも最高額賞金獲得プレイヤーとされる選手を数名抱えており、またeスポーツ業界でも最も知られたブランドのひとつである。しかし、この成功がすべてアジア市場でも通用すれば、同社はその存在を長く知られることになる。今回の資金は、Fnaticの成功にとって大きな支援となるだろう。しかし真に為すべきことは、まだ同社の行く手にある。

オンラインカジノランキング2021年のお勧めランキング
Vera & John高額なウェルカムボーナス
カジノガイド懸賞ツイッターで

新着情報の登録


    Unique Casino
    Unique Casino

    初回入金して 最高 $200 までの 100% ボーナスゲット

    Casino Days
    Casino Days

    100%ボーナスゲット

    Conquer Casino

    最大100ドルまで 100%ウェルカムボーナス

    Supotsubet

    サインアップで30ドルのボーナスゲット

    Manekash

    4回の入金を通して最大$1,000のボーナスと初回入金で100フリースピンをもらおう!