シバサキアオイ

Shivasakiaoi

カジノおよびカジノゲーム研究主任、【シバサキアオイ】

カジノガイドジャパンで最も重要な仕事の一つがリサーチ職であり、そのリーダー的役割を担っているのがアオイです。カジノやゲームの種類に関わらず、正確な情報を提供し、常に最新の状態に保つことができるのは、アオイがいなければできません。

数学を専攻し、統計解析の仕事をしながら、趣味でオンラインカジノを楽しんでいました。転職を希望していた彼女は、カジノガイドジャパンのチームに参加し、すぐに会社の最も重要な役割を担うようになりました。1年半でリサーチリーダーに昇格したことからも、彼女がいかに高く評価されているかがわかります。

プライベートでは、友人とパズルやボードゲームを楽しんでいます。また、東京にはたくさんのレストランがありますが、彼女は日本で一番おいしいラーメンを探すという終わりのないミッションを持っています。

記事

  • Fnatic、アジアへの展開に1700万ドルを調達
    イギリス基盤のeスポーツ組織Fnaticは、日本を基盤とする丸紅株式会社から、1700万ドルもの更なる資金を調達した。今回のこの資金流入は、同組織が計画するアジアへの展開の一環である。更に丸紅はFnaticと協働し戦略的パートナーシップを結んで、Fnaticによる日本事業所の開設と、アジア太平洋eスポーツ市場での取組みを支援する。
  • ESEエンターテイメント、eスポーツタレントショーでビットコインボルトと提携
    ゲーミングとeスポーツに重点を置くヨーロッパの娯楽技術会社、ESEエンターテイメント社は、クリプトカレンシープロジェクト、ビットコインボルトとの大規模パートナーシップの提携を発表した。二社は協力して、新しいアマチュアゲーミングとeスポーツタレントショーを展開することにしている。
  • 日本のクレジットカード大手JCB、クリプト相互運用性試験を準備
    日本で、従来型金融セクターの大手がクリプト採用に近づきつつある―クレジットカード大手である株式会社ジェーシービーが、クリプト関連試験への取り組みを発表した。この日本のカード会社はプレスリリースで、2017年に設立した東京基盤の支払およびブロックチェーン新興企業であるカウリー株式会社と提携し、試験への取り組みを始めたと語った。両社は、カウリーのブロックチェーンプラットフォームで「既存のクリプトカレンシーとその他のブロックチェーンネットワーク」を利用した、トークンの相互運用性に関わる実証試験を始めるとしている。
  • レオベガス、ブルーグルゲームズの 開発スタジオを公開
    レオベガスは、今年後半のステージで初タイトルの展開を目指す同グループのゲームスタジオ、ブルーグルゲームズを公開した。この動きは、ゲーミング業界でより大きな価値連鎖のシェアをコスト効率よく制御しようという、より大きな戦略の一環であり、独占的ゲームがレオベガス自身に、またより広範なiゲーミングエコシステム全体に向けて開発されることになる。この意欲的な計画により、次の24ヶ月間で少なくとも20のゲームが制作されることになっている。
  • イーサリアムVSビットコイン クリプトベッティングに最適なのはどちら?
    現在、最高のeスポーツベッティングサイトの多くが顧客にクリプトベッティングを提供している。ビットコインは、数ヶ月前記録的価格に達した一方で、近年のレベルに再び這い上がるのに苦労した。しかし、別のクリプトカレンシーであるイーサリアムは、利息の急上昇により、$3,400という史上最高値に達した。