カイドウミア

Mia

カジノエキスパート、エディター兼ライター【カイドウミア】

ミアはカジノライターの逸材です。彼女は、日本でプレイできる様々なオンラインカジノの重要な側面を理解するために何時間も(時には何日も)費やし、カジノガイドジャパンの読者が自身の性格やプレイスタイルに合った最高のボーナスやカジノ環境を簡単に見つけられるように、それらを明確かつ簡潔に提供しています。

ミアは、日本のオンラインカジノに関する先駆的なライターの一人であり、5年以上にわたる業界での知識と経験を活かして、様々な読者に向けた執筆活動を行っています。彼女は、コンサルタントとしてオンラインの様々な出版物にガイドを書き始めましたが、最近ではフルタイムで当サイトのためだけに執筆するようになりました。彼女がカジノガイドジャパンのチームの一員であることは、とても光栄なことです。

カジノゲームに関する記事の執筆以外では、夫と2人の子供と一緒に過ごす時間を楽しんでいます。週末には屋外に出て、日本の素晴らしい自然や田園風景を楽しんでいます。

記事

  • 日本のIDカード、2022年末までに現地カジノプレイヤーに紐づけ
    日本政府は、同国の国民識別番号制度であるマイナンバーカード制を拡張し、「2022年度末までに」同国の「居住者すべて」を網羅しようと計画している。これは、政府の発表に従って、GGRAsiaの日本特派員が照合した情報によるものである。
  • セガサミーホールディングス、日本で巨額投資を開始
    伝えられるところによると、日本のゲーミング複合企業セガサミーホールディングス社が、横浜市への統合型カジノリゾートの誘致に最大10億9000万ドルを投資する用意があると発表した。
  • クリプトベッティングプラットフォーム「ビットカジノ」、カルダノ(ADA)による支払いの受付を開始
    世界初の認可済みビットコイン主導カジノオペレーターであるビットカジノが、同カジノの支払方法にトップクリプトカレンシーのひとつADAを追加するという、革新的な動きを見せた。このクリプトカレンシー、カルダノ(ADA)の所有者は、今後、ビットカジノコミュニティに加わり、プラットフォーム上にある広範囲のゲームに参加することが可能になる。
  • RPG型ゲーミングを使ったカジ旅は、いかにしてプレイヤーの関与を促すか
    オンラインカジノ市場に参入するオペレーターがほぼ毎日のペースで増加している現在、スムーズで楽しいゲーミング体験を確実に顧客に提供することは、ゲーミング会社にとってこれまで以上に重要な課題である。 この集団から抜きん出るためにカジ旅が企画したのは、様々なスロットゲーム、高度グラフィックのウェブサイト、および128ビットのSSL暗号化を使用してプレイヤーに「ユニークなRPG型ゲーミング体験」を提供することである。
  • 成長中の日本ゲーミング業界にスポーツギャンブルが加わる可能性も
    日本はIRおよびカジノの実現に休みなく取り組んでいる最中だが、同時に他の形態のギャンブルを検討している可能性もある。事実上唯一の認可済みゲーミングアクティビティであるパチンコの人気は徐々に衰えてきており、一方、新規事業を創造し収入を上げる代替方法は数多くある。その一つはスポーツギャンブルであるかもしれない。というのは、日本の国会議員たちが現在真剣にその合法化を討議していることが明るみに出たからだ。そうであれば、その市場には約650億ドルの価値が見込まれる。