カスモ社、カジノシークレットの買収を完了

モバイルオペレーター、カスモは2020年、オンラインカジノ事業であるカジノシークレットを非公開金額で買収。同社にとって史上初の買収となった。2019年後半にまず同事業の40%の株を取得したカスモ社は、完全買収によって、より多くの製品とマーケティングに関する専門知識をつぎ込み、この既存ブランドの、特にプレイヤー保持の面を成長させたいと話した。

モバイルオペレーター、カスモは2020年、オンラインカジノ事業であるカジノシークレットを非公開金額で買収。同社にとって史上初の買収となった。

モバイルオペレーター、カスモは、オンラインカジノ事業であるカジノシークレットを非公開金額で買収。同社にとって史上初の買収となった。

2018年に設立し、マルタゲーミング規制当局の認可を受けたカジノシークレット社は、プレイを継続するプレイヤーに報酬を与えるキャッシュバック機能や、オファーにつけられるプレイスルー条件がないことなど、ユニークなセールスポイントにプレイヤーの経験を使うことに目を向けていた。

2019年後半にまず同事業の40%の株を取得したカスモ社は、完全買収によって、より多くの製品とマーケティングに関する専門知識をつぎ込み、この既存ブランドの、特にプレイヤー保持の面を成長させたいと話した。

「わが社は、カジノシークレット社のチームとともに野心的で刺激的な協力体制を構築していました。そのため、あらゆる点から考えて、次のステップが合併であることは明白でした。」と、カスモ社の最高経営責任者、シェリー・スーター=ヘイダッド氏は語った。

「買収により、両事業の強力な相応効果および共通の方向性をこれまで以上に活用し、さらにグループのポートフォリオを次の段階へ発展させることが可能になりました。」

カジノシークレット社の最高経営責任者、ナディール・ウニシ氏は、顧客に最高のオンラインカジノ体験を提供しようとする同ブランドの努力は、カスモ社のアプローチと一致すると加えた。

同氏はまた、「我々は力を合わせ、当ブランドのいたるところで、共通の専門知識と刺激的な機会への新しいドアを開きます。」と語った。

この取引は、イギリス市場でカンビ社運営のスポーツブックが開始されたことに合わせ、カスモ社が製品提供の多様化を開始した後に締結された。

これは、ダンダーオンラインカジノブランドとブリストルシティFCとの間に締結された既存のパートナー契約を補完する、EFLチャンピオンシップの所属クラブレディングFCとのスポンサー契約に続くものとなった。

オンラインカジノランキング2021年のお勧めランキング
Vera & John高額なウェルカムボーナス
カジノガイド懸賞ツイッターで

King Billy Casino
King Billy Casino

キングビリーカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Casino Friday
Casino Friday

カジノフライデーってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Loki Casino
Loki Casino

ロキカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Cashmio
Cashmio

カシュミオってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Bitstarz
Bitstarz

ビットスターズってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説