日本のIDカード、2022年末までに現地カジノプレイヤーに紐づけ

日本政府は、同国の国民識別番号制度であるマイナンバーカード制を拡張し、「2022年度末までに」同国の「居住者すべて」を網羅しようと計画している。これは、政府の発表に従って、GGRAsiaの日本特派員が照合した情報によるものである。

日本政府は、同国の国民識別番号制度であるマイナンバーカード制を拡張し、「2022年度末までに」同国の「居住者すべて」を網羅しようと計画している。

これは、政府の発表に従って、CasinoGuideJapan.comの日本特派員が照合した情報によるものである。

マイナンバーカード制は、今後建設予定の国内カジノリゾートにアクセスしようとする現地プレイヤーの、未来の身分証明手段として言及されている。

マイナンバー構想は日本の「デジタル政府」アプローチへの一環であり、また携帯電話アプリケーションに紐づけされる可能性もある。

その声明の中で政府は、2022末までに、マイナンバーカード制を日本のあらゆる居住者の社会保障・税番号制度に展開し、紐づけすると発表した。

これは、経済財政運営と改革の基本方針2021の一要素であり、金曜日(6月18日)に内閣により、決議という形で承認されることになっている。

GGRAsiaの日本特派員が照合した情報によると、その後この決議は、2022年度の国家政策戦略および予算の作成に使用される。

日本基盤のカジノ事業コンサルタントであるベイシティーベンチャーズ社は4月、マイナンバーカード制の展開および取組みは日本カジノリゾートの収益可能性の評価に不可欠であると、カジノ事業規制に関する同国の計画をまとめた報告書の中で述べた。

4月現在、日本国民のうちマイナンバーカードを取得しているのはわずか「28パーセント」であると、同社代表國領城児氏はこの報告書の中で述べている。

5.0 rating
最大$1000ビギナーズボーナス
5.0 rating
最大42,000円+100フリースピン!
4.8 rating
初回入金キャッシュバック最大777ドルまで
3.5 rating
最大$500ボーナスマネー+100フリースピン!
4.5 rating
$1000入金ボーナスと300フリースピンのウェルカムボーナス