レオベガス、AI装備のRGメッセージングをプラットフォームに統合

レオベガスグループは自社ブランドのプラットフォームに、AIを装備した新レイヤーである、より安全なギャンブリングに関するメッセージングを統合する。同システムはまず、イギリス市場に展開される。

レオベガスグループは自社ブランドのプラットフォームに、AIを装備した新レイヤーである、より安全なギャンブリングに関するメッセージングを統合する。同システムはまず、イギリス市場に展開される。

このツールは、より安全なギャンブリングに関する教育および情報提供を目的としており、これによって、顧客の行動パターンやリスク特性を基に、個別化したコンテンツを顧客に送信することが可能になる。

同オペレーターの説明によると、「有料の、または最新のゲームやキャンペーンが占有するスペースに表示される」このメッセージは、プレイヤーにより安全なギャンブリングツールの使用を勧め、より持続可能な顧客関係の構築を目指している。

顧客は、個人のリスク特性と過去の行動パターンを基盤とした様々な緊急度に応じて、限度を設定するよう勧められる。

メッセージングは有益で教育的なものから、必要に応じてより説得力のある論調に推移すると、レオベガスは説明している。

このシステムには、グループが独占所有権を持つ、有害なギャンブル行為に走るリスクのあるプレイヤーをAIで予測できるリスク予測モデルからのデータが使用されている。

潜在的にリスクのある顧客は、電話、ライブチャット、および電子メールを介して、セイファーギャンブリングタイムから個人的連絡を受け取っていると、同オペレーターは話している。

この新しいオンサイトメッセージングの使用により、同グループは顧客関係のより早い段階で、幅広い範囲の顧客により安全なギャンブリングを勧めることができ、問題行動の発展回避を目指すことができる。

「我々の全業務の根幹にあるのは、顧客に、エンターテイメント性の高い経験を、安全な環境で提供することです」と、レオベガスグループの最高経営責任者グスタフ・ハグマン氏は説明する。

「当社のセイファーギャンブリングツールへの関与を促す最良の方法は、顧客との関係の初期段階で個人メッセージングを使用することであり、これにより、より持続可能な関係の継続的構築が可能になります。この目的で当社のサイトの有料スペースを使用することができ、非常に誇りに思います。」

同オペレーターは本日(9月3日)、5億スウェーデンクローナ(4220万ポンド/4910万ユーロ/5830万ドル)で、最小取引量1億スウェーデンクローナである2020年の銘柄から未払になっている上位無担保債権の金額を引き上げる可能性について、スウェドバンクに調査を委託したとも発表した。

その後考えられる債権発行からの収益は、資本構造の最大化と業務への財務的弾力性の向上に役立つだろうと語っている。

同社は、2020年に行われた当初の社債発行に際し、長期的に見て負債比率は1.0倍を超過することはないと述べた。その後、今年6月30日現在負債比率は0.2倍であると述べ、この負債目標を再確認している。

ただし特定の状況下において、例えばより大規模の買収やその他の戦略的イニシアチブに関連し、短期的なレベル超過を選択することはあり得ると、同社は説明している。

5.0 rating
最大$1000ビギナーズボーナス
5.0 rating
最大42,000円+100フリースピン!
4.8 rating
初回入金キャッシュバック最大777ドルまで
3.5 rating
最大$500ボーナスマネー+100フリースピン!
4.5 rating
$1000入金ボーナスと300フリースピンのウェルカムボーナス