日本のカジノ

日本MGMリゾーツは国内初のカジノライセンスについて秋に発表の見込み

カジノ運営会社のMGMリゾーツ・インターナショナルは、日本初のカジノライセンスについて、今秋に日本政府から発表があるものと予想している。同社のチーフ・ファイナンシャル・オフィサーであるジョナサン・ハルクヤード氏によると、同グループは日本における統合型リゾート(IR)の先駆的な運営会社のひとつになることを期待しているとのこと。

ハルクヤード氏は、月曜日にアメリカで開催されたジェフリーズ・グローバル・コンシューマー・コンファレンスで講演を行った。

アイコン名を入力

4月26日、大阪府と長崎県はそれぞれ、4月28日が期限のIR地区整備計画を国に提出したと発表した。自治体で入札を行ったのは両県だけだった。

大阪府は、MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスが民間企業としてIRを誘致する。複合型リゾート施設(写真は完成予想図)は、これまでの発表で、初期投資額1兆800億円(80億米ドル *2022年6月時点の為替レート)、開業は2029年を目標としている。

月曜日の発言で、ハルクヤード氏は、MGMリゾーツは「何年も前から日本国内で取り組みを行ってきた」と述べ、大阪の計画が国によって承認されるかについては「9月中に決定されるだろう」と付け加えました。

「秋には認可が下りると考えています。その後、2023年に向けてプロジェクトが動き出すだろう」「これは大規模なプロジェクトで、完成までに何年もかかるでしょう」と同グループのCFOは述べています。

同社の幹部は、「MGMリゾーツは(プロジェクトの)コストや計画について具体的な話に入る前に、もう少し事態が進展するまで待つことになるだろう」と述べています。

さらに、「会社にとって巨大な市場機会であり、強力なリターンをもたらす驚異的な統合型リゾートになると考えている」とも述べた。

今月初め、大阪の市民団体が、IR誘致の手続きについて住民投票を行うため、20万8552人の署名を集め、府の選挙管理委員会に提出したと発表した。府民による住民投票は府議会の賛成が必要である。

大阪市のもう一つの自治体である大阪市議会は、カジノ反対派が以前試みた住民投票をすでに否決している。

ABOUT ME
ミナミヒロシ
カジノガイドジャパンでコンテンツリーダーを務めるのはヒロシです。ヒロシは、専門家であるカジノライターのチームを管理するだけでなく、新人ライターがスムーズにカジノガイドジャパンのチームに参加できるように、新人ライターの発掘やトレーニングも担当しています。