カジノニュース

和歌山県、県議会の計画否決により、IRレース撤退

和歌山県、県議会の計画否決により、IRレース撤退

和歌山県議会は、同県によるカジノリゾート誘致計画を否決した。県議会本会議は水曜日、政府承認を求める統合型リゾート(IR)区域整備計画の提出案を否決した。

4月28日の期限までに国にカジノリゾート誘致計画を提出し、審査を受けるには、同計画に対する県議会の同意が義務付けられていた。

水曜日の議会では、IR計画に対し22名の議員が反対を、18名が賛成を示した。

火曜日、カジノリゾート誘致の現地計画精査の任務を負う県議会特別委員会は、同案に対して反対票を投じた。同県議会の他の2委員会、総務委員会および経済委員会は月曜日、IR計画に賛成を示していた。

地元議員は、同県の構想にかかる4700億円(38億米ドル)の費用調達に関する詳細が、クレアベストニームベンチャーズKK社率いる民間部門の選定コンソーシアムにより明確にされていないことに懸念を表明していた。

選出による組織である市議会は先月末、議会直前にまとめられたIR区域整備計画を可決した。

既存の自由化プログラムに基づき、全国で最高3ヶ所のカジノリゾートが許可されることになっている。現在、長崎および大阪のみが、中央政府にカジノリゾート誘致権を申請すると見られている。

長崎県議会本会議は水曜日、同県のIR区域整備計画の最終草案を可決した。提案されているカジノリゾートは国の認可が付与された場合、長崎県佐世保市にあるテーマパーク、ハウステンボスに建設されることになっている。

ABOUT ME
カイドウミア
ミアはカジノライターの逸材です。彼女は、日本でプレイできる様々なオンラインカジノの重要な側面を理解するために何時間も(時には何日も)費やし、カジノガイドジャパンの読者が自身の性格やプレイスタイルに合った最高のボーナスやカジノ環境を簡単に見つけられるように、それらを明確かつ簡潔に提供しています。