カジノニュース

バーネット 法(1326法)を徹底解説

burnett act

カジノゲームにつきものでもあるといえる攻略法。カジノゲームにおいての攻略法は、目的別に使えるほど数があります。

バーネット 法はその中でも、「ゆっくりと勝ちに行く」方法を取りたい場合に最適なカジノ攻略法です。

別名1326法とも呼ばれている通り、勝つ度に1ドル、3ドル、2ドル、6ドルと賭け金を設定していきます。
逆メーチンゲール法とも言われているバーネット 法は、他の攻略法であるグッドマン法にも少し似ています。

どうやって賭けるの?

スタートの賭け金を1ドルと設定します。
最初のゲームに勝ったら次は3ドル賭けます。そしてまた勝利となった場合には1ドル減らした2ドルを賭けます。さらに勝利となった場合には、次の勝負で6ドルを賭けていきます。
そして、この後は次に負けるまで6ドル固定で賭け続けていきます。
一度負けた時に、振り出しに戻りまた1ドルの賭けから再スタートします。

なぜバーネット 法が良いのか?

バーネット 法では賭け金額の上限が6ドルと決められているので、10ドルをいきなり負けてしまうようなことがなく、勝つ時も負ける時も緩やかであることから、ローリスク・ミドルリターンの攻略法ともいえます。

一度勝ち続けると、6ドルを連続で賭けていきますので、5回目には最低でも35ドルは手元に残っている計算になります。
ハイローラーになってくると、この数字が10ドル、30ドル、20ドルそして60ドルと金額が大きくなるのも特徴です。

バーネット 法のデメリット

バーネット 法のデメリットは、勝ち負けが交互に続いた場合に勝ち金額が手元に残らない場合がほとんどとなるところであると言えます。連続して勝利することで利益の出る攻略法ですから、最低でも6ドルを2回は賭けないと勝ち勝負となりにくいのです。

1326法ですので、この方式の数字通りに負けてしまうと、その分負けも大きくなってきます。例えば、3回目の勝負まで勝っていても、4回目の6ドルを賭けた時に負けてしまうと軍資金はチャラとなります。
そして、1ドル、3ドルと交互で負け続けてしまうと確実にマイナス勝負となります。

まとめ

ゆっくりとした勝負を行いたい時に最適な攻略法であるバーネット 法。使えるテーブルゲームはブラックジャックバカラルーレットの赤・黒、奇数・偶数賭けなどと幅広く使用できますので覚えておくと便利な攻略法と言えます。
呼び名の通り、1ドル、3ドル、2ドル、6ドルと賭けて行くだけですので、明日にでも使えそうな攻略法でもあります。

ABOUT ME
ウエノタク
カジノガイド・ジャパンの大切なカジノエキスパートの一人であるタク。カジノガイド・ジャパンに入社して約2年になりますが、このサイトを今日のような状態にするために重要な役割を果たしてくれました。