カジノオーストリア、優先パートナーとして長崎カジノのオープンを目指す

長崎県は、同県が目指すカジノリゾートのパートナーとして、カジノオーストリアインターナショナル・ジャパン社を「優先」交渉権者に選定したと発表した。カジノオーストリア社は、同県が設置した提案依頼プロセスで697.0点の評価点を獲得した。

長崎県は、同県が目指すカジノリゾートのパートナーとして、カジノオーストリアインターナショナル・ジャパン社を「優先」交渉権者に選定したと発表した。カジノオーストリア社は、同県が設置した提案依頼プロセスで697.0点の評価点を獲得した。

カジノオーストリアインターナショナル・ジャパン社は、ヨーロッパのカジノオペレーターであるカジノオーストリアAG社の子会社である。後者の企業ウェブサイトで公開されている情報によると、同社はオーストリアに12のカジノと、宝くじ事業を展開するオーストリアン・ロタリーズを所有している。また、海外にある複数のカジノとゲーミング関連事業に投資を行うカジノオーストリアインターナショナル社を管理する。

火曜日に行われた発表で長崎県は、682.8点を獲得したオシドリ・インターナショナル・ホールディングス社率いるコンソーシアムが次点候補だったと付け加えた。オシドリは先週、プロセスの「倫理的実施」に疑念を持っているとし、プロセスからの撤退を検討していると語っていた。

同社は、先住民部族をオペレーターとする、アメリカ基盤のモヒガン・ゲーミング&エンタテインメント社と提携して、長崎の入札に取り組んでいた。

三番目の候補者は、667.1点を獲得したニキ・チャウフー・パークビュー・グループであった。

火曜日の発表で、長崎県IR推進課は、「優先交渉権者を選定する提案依頼プロセスは、公正かつ誠実に実施されました。」と述べている。

また、「九州・長崎IRオペレーター審査委員会は、提案を客観的に評価する目的で設立されています。」と付け加え、決定は、審査委員会の審査結果だけでなく、「IR実施法が要求する適性調査の結果」および「IR実施法第8条第1項の規定に従って、長崎県、佐世保市、および長崎県公安委員会の間で行われた評議」にも基づいて下されたとも説明している。

日本では「統合型リゾート(IR)」として知られる複合カジノ施設の予定地として、長崎県は、佐世保市を選択している。

別の会見で長崎県の中村法道知事は、「非常に厳しい世界情勢の中、今回の提案依頼プロセスにご関与下さった皆様には、心より御礼申し上げます。またオペレーターのユニークな提案を明確に表現したすばらしい提案にも感謝いたします。」と述べた。

統合型リゾート誘致に興味を示す自治体は、まず商業的パートナーを選定し、その後リゾート設置権を目指して日本国政府に申請書を提出する。関連する法の枠組に基づき、国内で最高3ヶ所の自治体にリゾート施設が許可されることになっている。

4.5 rating
初回〜3回目の入金まで合計3回の入金ボーナスへと変更! 【新ウェルカムボーナスの内容】 ・初回入金ボーナス 最大$500までの100%入金ボーナス ・2回目入金ボーナス 最大$500までの50%入金ボーナス ・3回目入金ボーナス 最大$500までの50%入金ボーナス
3.8 rating
ビットスターズってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説
3.8 rating
最大100ドルまで 100%ウェルカムボーナス
3.3 rating
ゲットスロットってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説
3.5 rating
ミスタープレイカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説