カジノニュース

バカラの絞り方法

カジノの王様といえばバカラ。そしてバカラといえばバカラ しぼりではないでしょうか?
映画の中でバカラ しぼりを見たことがある人は、絞っている手がスクリーンアップされた時に「かっこいい!」と思ったのではないでしょうか?
そして、このバカラ しぼりこそがバカラゲームを面白くさせています。

バカラ しぼり

バカラ しぼりは、一体誰がするのか?

ディーラとプレーヤーの勝負であるバカラの絞り役は、ディーラー側とプレーヤー側でそれぞれ賭け金が一番高い人が行います。
とはいえ、周りの賭け金よりもほんの少し高いだけではとても失礼に当たりますので、他の人の賭け金よりも人めで多めに賭けているという金額で絞り役を与えてもらいましょう。

なぜ、一番賭け金が高い人がバカラ しぼりをする権利を与えられるのか?

その理由は、一番賭け金が高い人がゲームで一番高いリスクを背負っているからです。

ゲームが一度始まると、ディーラーから一人とプレーヤーから選ばれた一人にディーラーよりカードを渡されます。縦からでも横からでもバカラ しぼりをすることは可能です。

そして、バカラ しぼりに入りカードを確認したら、この時に初めてバカラ用語を使うことになります。

バカラ しぼり用語

絞ったカードをそれぞれ「ピクチャー」「スリーサイド」「フォーサイド」そして、「ツーサイド」「スリーサイド」「ノーサイド」と呼び方があります。

ノーサイド

横からめくった時に、数字や絵柄が確認できない「A」「2」「3」のカードを指します。

  • ツーサイド
    「4」または「5」のカードになります。
  • スリーサイド
    「6」「7」「8」のいずれかのカードになります。
  • フォーサイド
    「9」もしくは「10」のカードになります。

そしてカードの呼び名を大きく2つに分けると、「足なし」と「足あり」となります。足ありとは両方の端を少しめくった時に、2つのスーツが確認できるカードを指します。
数字で表すと、「4」「5」「6」「7」「8」「9」「10」のカードで、それ以外は足なしとなります。

ゆっくりめくるのも雰囲気が出て、高揚感も上がってきますが、縦・横とめくって何も見えない場合には「A」がほぼ確定ですので、早めにめくってしまった方が良いといえます。

まとめ

バカラ しぼり。ここで初めて用語を知った人も多いのではないでしょうか?バカラ しぼりは、バカラゲームを多様に伸し上げたルールであるとも言われています。バカラ用語をゲーム中に使用するのはカッコよく映りますね。チャンスがあれば一度挑戦してみては?

ABOUT ME
ウエノタク
カジノガイド・ジャパンの大切なカジノエキスパートの一人であるタク。カジノガイド・ジャパンに入社して約2年になりますが、このサイトを今日のような状態にするために重要な役割を果たしてくれました。