IR候補者長崎県、知事選挙選で現職が僅差で敗れる

カジノ誘致を目指す長崎県は日曜日、70代の現職知事、中村法道氏(写真)が僅差で再選を逃し、新知事を迎えることとなった。

カジノ誘致を目指す長崎県は日曜日、70代の現職知事、中村法道氏(写真)が僅差で再選を逃し、新知事を迎えることとなった。

新知事、大石賢吾氏は、複合カジノ施設または統合型リゾート(IR)誘致を進める同県の政策の支持者と言われているが、このプロセスを開始したのは3期を勤めた前任者、中村氏だった。

厚生労働省元職員である39歳の次期知事は、投票総数525,083票のうち、わずか541票差で中村氏に勝利した。

現地メディアの報告では、投票率は48%弱だった。

現地で勢力を持つ自由民主党(自民党)は、2人の有力候補者の支持について、2つに分裂した。

自民党が議席の過半数を占める県議会の議員は、長崎の優先IR運営パートナーであるカジノズオーストリアの、カジノ構想実行に必要な財務能力について、何度か懸念を示している。このプロジェクトは、3500億円(30億4000万米ドル)規模の事業になると言われている。

地元自治体による日本政府へのIR運営権申請は、4月28日に締め切られる。現時点で和歌山および大阪も、それぞれ申請を行うと見られる。現在の自由化の枠組みに基づき、国内で最高3ヶ所のリゾート施設が許可されることになっている。

5.0 rating
最大$1000ビギナーズボーナス
5.0 rating
最大42,000円+100フリースピン!
4.8 rating
初回入金キャッシュバック最大777ドルまで
3.5 rating
最大$500ボーナスマネー+100フリースピン!
4.5 rating
$1000入金ボーナスと300フリースピンのウェルカムボーナス