成長中の日本ゲーミング業界にスポーツギャンブルが加わる可能性も

日本はIRおよびカジノの実現に休みなく取り組んでいる最中だが、同時に他の形態のギャンブルを検討している可能性もある。事実上唯一の認可済みゲーミングアクティビティであるパチンコの人気は徐々に衰えてきており、一方、新規事業を創造し収入を上げる代替方法は数多くある。その一つはスポーツギャンブルであるかもしれない。というのは、日本の国会議員たちが現在真剣にその合法化を討議していることが明るみに出たからだ。そうであれば、その市場には約650億ドルの価値が見込まれる。

日本は現在、統合型リゾート(IR)およびカジノの実現に休みなく取り組んでいる最中だが、同時に他の形態のギャンブルを検討している可能性もある。事実上唯一の認可済みゲーミングアクティビティであるパチンコの人気は徐々に衰えてきており、一方、新規事業を創造し収入を上げる代替方法は数多くある。その一つはスポーツギャンブルであるかもしれない。というのは、日本の国会議員たちが現在真剣にその合法化を討議していることが明るみに出たからだ。そうであれば、その市場には約650億ドルの価値が見込まれる。

ギャンブル産業で活気づく日本

日本の風景にIRを導入しようという議題は、激しい異論を引き起こしはしたが、予想よりも幾分遅くはあっても前進を続けている。カジノリゾートに予定されている最初の3ヶ所は来年夏までに選出され、当初期待されていたよりも約4年遅れで2027~2028年までにオープンすると見られている。それでも前進は続けている上、日本の国会議員は、スポーツギャンブルをその競争に加える準備をしている可能性もある。「状況について直接的な情報」を有するソースによると、サッカーおよび野球のスポーツギャンブルを合法化しようとする内部議論が生じていると、フィナンシャルタイムズ紙は報じている。

日本にはすでに、プール式サッカーくじという形で、限定的なスポーツギャンブルが存在している。伝えられるところによると、最近の議論はその意見をさらに発展させ、MLBメジャーリーグベースボールの日本版である日本プロ野球のスポーツギャンブルをも投入しようというのである。まだ予備的交渉が行われているだけであり、スポーツギャンブル市場の構成方法に関する詳細は提供されていないが、国会議員がカジノ賭博に取り組むときの徹底さを見ると、厳格かつ詳細にわたる規制が予想される。

目前にある何十億ドルもの収益

現在日本では、ボート、バイク、自転車、競馬の4タイプの競技に限定的ギャンブルが許可されている。しかし競馬の人気を筆頭とし、これらの4競技には2019年に550億ドルもの収益を上げたほどの人気がある。ギャンブル市場で最大のシェアを誇るパチンコには現在、年間約2000億ドルの価値があるが、その魅力を急速に失っている。別分野のスポーツ賭博へ進出することにより、日本は、何十億ドルもの更なる収益を勝ち取る構えである。一部の推測によると、現在約400億ドルもの掛け金が、違法またはオフショアのスポーツブックに費やされている。

国会議員たちが実行可能な対解決策を見つければ、スポーツリーグも抵抗はすまい。NFLNBA等のリーグがギャンブルをアメリカから締め出そうと必死になっていたのに対し、日本のメジャースポーツリーグは長い間、合法的なスポーツギャンブルが道理にかなっていることを国会議員に納得させようとしているのだ。コロナウィルスが国家経済に負担をかけている現在、世界各地でもそうであるように、日本も損失の埋め合わせのためにより積極的にスポーツブックを利用する可能性もある。そうなれば、合法的スポーツギャンブルも2024年には取り入れられるかもしれない。その次にはオンラインギャンブルが賢明な一手であることを、手遅れになる前に国会議員たちに理解させる必要がある。

オンラインカジノランキング2021年のお勧めランキング
Vera & John高額なウェルカムボーナス
カジノガイド懸賞ツイッターで

King Billy Casino
King Billy Casino

キングビリーカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Casino Friday
Casino Friday

カジノフライデーってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Loki Casino
Loki Casino

ロキカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Cashmio
Cashmio

カシュミオってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Bitstarz
Bitstarz

ビットスターズってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説