大阪、IR計画にMGR、オリックスと契約締結

大阪府庁および大阪市庁は火曜日、アメリカ基盤のカジノグループ、MGMリゾーツインターナショナル社および日本企業パートナーオリックス社と、統合型リゾート(IR)に向けた、いわゆる「基本合意」に達した。この発表は水曜日、両自治体により行われた。

大阪府庁および大阪市庁は火曜日、アメリカ基盤のカジノグループ、MGMリゾーツインターナショナル社および日本企業パートナーオリックス社と、統合型リゾート(IR)に向けた、いわゆる「基本合意」に達した。この発表は水曜日、両自治体により行われた。

この基本合意には、地下鉄の路線を延長し、カジノリゾートが建設される予定の大阪湾の人工島、夢洲をつなぐ建設に202億5000万円(1億7500万米ドル)を投入するという、カジノグループおよび地元パートナー両社による誓約が含まれる。

係る施設に関する合意には、日本政府に提出する統合型リゾート現地計画「大阪IR区域整備計画」に必要な関係者の責務が要約されている。

日本で統合型リゾートまたはIRとして知られる、観光施設を伴う大規模カジノ複合施設について、この入札に加わる地方自治体は4月28日までに、日本政府に計画書を提出しなければならない。

自由化計画に基づき、国内で最大3ヶ所の施設に許可が付与されることになっている。大阪の競争相手は現在、和歌山県および長崎県である。

大阪が提出する構想が選定されれば、大阪府および市は、MGMリゾーツ社およびオリックス社と実施契約を締結することになる。

5.0 rating
最大$1000ビギナーズボーナス
5.0 rating
最大42,000円+100フリースピン!
4.8 rating
初回入金キャッシュバック最大777ドルまで
3.5 rating
最大$500ボーナスマネー+100フリースピン!
4.5 rating
$1000入金ボーナスと300フリースピンのウェルカムボーナス