パチンコのご案内

pachinko

日本の国民的ギャンブルとも言えるパチンコ。田舎から都会まで、パチンコ店は日本全国至る所に所在する。

成人であれば、誰でも無料で入場できるほか日本国内では合法のギャンブルである。しかし、パチンコは日本のルールではギャンブルには当てはまらないのは知ってる?1000円から遊べる、違法でなく、そして難しくもないパチンコは、成人になったら絶対にやってみたいことにリストアップしている若者も多いのが事実。

おっちゃんやおばちゃんが、パチンコ店近くのカフェで「今日はあかんかったわ」「今日はごっつい儲けたわ」と話しているのを聞くと、誰でもやってみたくなるのは無理もない。

パチンコと一言で言ってもパチンコ店の中には、パチンコ台の他に、スロット台も設置されている。スロット専門店もあるほどパチンコ店内で人気のゲームといえばスロットになる。もちろん1つの店内にパチンコ、フィーバー、スロットが設置されているので、飽きたら他の台に映れば良いだけなのも、なんだか庶民的版ランドベースカジノのようだ。

パチンコのルール

パチンコには至ってルールは存在しない。玉を弾かせ、設置されている穴の中に玉が入ればあたりとなる。

パチンコ店内で、パチンコ台を横から吟味している客をみたことはないだろうか?
これは釘の向きを観察しているのだ。釘の向く方向によって、玉が当たりに入りやすかったりそうでなかったりするからである。しかし、特にルールが設定されていないシンプルなゲームであるパチンコでも、ルール違反をすると逮捕されてしまう。

パチンコ店による釘の偽装である。パチンコ店が釘の向きを独自で変えてしまうのは禁じられている。仕入れたパチンコメーカーが作成した通りのパチンコ台がルールん基準となっているため、出玉を少なくしようかなどと思って、釘の向きを変えてしまうと違法となりあっさりと逮捕となってしまう。

スロットの場合も同じである。スロットにも少しルールはありませんが、台の上に貼られているリーチ絵柄を元にしてプレイするというのが基本的なプレイ方法。

特にルールが存在しないパチンコ、大事なのは勝ち方ともいえてくる。

パチンコの人気記事

パチンコ依存症

2022/08/09 NEW!

パチンコ初心者がギャンブル依存症にならないためのアドバイス!【パチンコ依存症】

パチンコは一定のルールを守れば楽しい娯楽ですが、ギャンブル依存症になるリスクなどが社会問題になっていたり、良い…

パチンコは公営ギャンブルではない

2022/08/09 NEW!

公営ギャンブルとパチンコの違いとは?パチンコは公営ギャンブルではない?

日本では、ギャンブル行為は基本的に違法行為ですが、パチンコの他にも例外(お金を賭けてもいい場合)があり、それが…

パチンコの打ち方

2022/08/04

パチンコのやり方・初心者の遊び方を解説!【パチンコの打ち方】

初心者の方がパチンコをプレイする前に、「パチンコって儲かるの?」や「パチンコ屋って怖そう」など、そういった疑問…

pachinko

2022/07/15

パチンコはギャンブルになりますか?

パチンコはギャンブルに当てはまりません。 パチンコは風俗営業法で管理されています。しかし、なぜ勝つと金銭と交換…

日本でパチンコをするにはどうしたらいいですか?

2022/07/15

日本でパチンコをするにはどうしたらいいですか?

シンプルにパチンコ店へ行きます。通常2、3店舗並んでいることが多く、どの店舗に入場すれば良いのか迷ってしまいま…

pachinko

2022/06/28

パチンコはどうして日本で合法なのですか?

ピンボールに似たゲームであるパチンコは日本で非常に人気があります。もともと日本限定でしたが、最近は海外でも徐々…

パチンコは儲かるの?

2022/07/03

パチンコは儲かるの?

日本で親しまれているパチンコは、還元率(ペイアウト率)が高く設定されています。競馬や競輪などは80%ほどの還元…

パチンコの勝ち方

標準パチンコ

パチンコ台であれば玉を釘の間に通らせて、中央の穴の中へ入れれば当たりとなる。これは一般的なパチンコの機種でただ単純に穴に入れば良いという至ってシンプルで子供でもできてしまいそうなほど簡単。玉を弾く方向が一度決まったら、止めうちをします。最近のパチンコ台には止め打ち用のレバーがついていますが、ついていない場合は十円玉を間に挟んでもプレイが可能です。

しかし、挟んでいるのがパチンコ店の店員にバレると、つまみ出される可能性もあります。
止め打ちをすることで、手がぶれず狙い通りに弾が飛んでいきます。

フィーバー

パチンコと同じプレイ方法で、同じ出球を穴に入れるとあたりとなるフィーバーという機種も存在する。フィーバーの場合には、出球が穴に入った後に真ん中の小さな掲示板内の数字が「777」など、数字がゾロ目で揃えば配当となる。こちらも当たりが出た際の出球数は規制されているが、連チャンは確実ともいえ、さらにボーナスなどもしくまれているので、ただ単純に玉を穴の中に入れて、数字を回転させれば良いという単純な仕組みである。
こちらも止め打ちが可能なゲーム機である。

ただ単に数字を揃えれば当たりではなく、最近のフィーバーはカジノスロットのようにストーリー性のあるものが多く、また、ドラマや映画と提携しているもの、テレビゲーム機種と提携している機種などバラエティに富んでいるのがパチンコファン泣かせなのである。

スロット

カジノでもお馴染みのスロットゲーム。パチンコ店にも存在します。パチンコ店のスロットは、販売機でコインを購入し、賭けたい分だけコインを投入する。

カジノスロットと同じ原理で、絵柄が揃えば配当となるパチンコ店のスロットには、「BAR」という絵柄が存在し、これも小さな当たり目である。リーチ表のリーチ目が出ると、「777」の大当たりが出るかと胸を踊らせながらボタンを推すのであるが、BARの時もあるということになる。最近のスロットにはボーナスゲームにもさまざまなボーナスが組み込まれていて、ビッグボーナスから子役、そしてさらにおまけのボーナスゲームまで取り組まれている。

パチンコの勝ち方

一昔前であれば、パチンコの当たり玉は多くて3000個の台も存在したが、残念ながら2018年から最高出球は1500個までに規制されている。
パチンコ玉1個の平均単価は約1.3〜1.5円程度とされていLéoところを見れば本当に勝てるのか?と不安になる人も多いのでは?

パチンコの最大出球が1500個と決められていては単純に計算しても、さほど儲けにはならない金額である。が、連チャンという言葉をしってるだろうか?
言葉の通り、連続して当たりが出てくることで、これにハマれば出玉は軽く3000個を超えてくる。

例えば1000円投入して3000玉が出たら2000円以上は稼げるという計算になる。

パチンコで勝つ方法の基本とも言えるのは「台に執着しない」といえます。

パチンコで勝つ方法の基本とも言えるのは「台に執着しない」といえます。
出ない台に座ってしまった場合には、すぐに移動する。これに限ります。出ないからと言って執着して同じ台に座っているとあっという間に負けてしまうのがパチンコです。
「たくさんお金をつぎ込んだから、今更やめられない」などと言って続けていると、あっという間に軍資金がなくなってしまいます。
”出ない”と感じたら後ろ髪を引かれても、さっさと他の台に移るようにしましょう。

ギャンブルに執着心は禁物です。

パチンコやフィーバーであると止め打ちで勝率が上がりますが、スロットの場合には”目押し”というものが存在します。リーチ目を出さない限り、ほとんど当たりがでないスロット機種では、リーチ目を狙ってボタンを押していきます。リーチ目が出たら99%の確率で何かしらの当たりが出てくれます。

パチンコ文化

日本といえばパチンコ!
外国人観光客がこぞって興味をそそられるのがパチンコ店。
外から見ると中に入りにくく感じますが、一度入ってしまうとこちらのもの。しかも少額から賭けられるとあって手軽に入りやすいようです。

パチンコ文化は、実は西洋から来ています。びっくりでしょう?
1925年にピンボールが海外より日本に到着。1930年に日本の企業によって、パチンコ台が完成しました。戦時中には、てつ類が必要となったために一旦廃止となりましたが、戦後に見事な返り咲きを果たしたのがパチンコです。

仕事がなく、日雇いでその日暮らしだった日本人に人気があったパチンコは、瞬く間に日本全国に広がりました。
日本のGDPの約4%を占めているパチンコ店には、まだまだ新しい機種が登場してさらに日本に深く浸透する傾向にあります。

pachinko

パチンコは違法なのか?

全く違法ではありません。3店商法をとっているパチンコ店はこんな流れで配当を受け取るからです。
まず、勝ち玉をパチンコ店の外にある景品交換所へ持っていきます。これは勝った玉と景品を交換するので、ギャンブルにはならないのです。
ギャンブルとは金銭と交換することによって発生しますが、景品と交換するのはお祭りにある屋台と何の変わりもありません。

そして、交換した景品を今度は「卸します」。質屋に商品を持っていくのと同じ原理で、景品を質に入れて現金化します。
質に入れるわけですからギャンブル扱いにはならないというわけです。

だったらカジノもそうすればいいじゃんと思った人いますよね?

賭博ではないゲーム=パチンコ これは昔の昭和時代に決められた規則ですので、今からできるカジノには適応されません。

パチンコ経営

パチンコ店はサービス業に当たります。お客様が長くいられるようにエアコンをきかし、音楽を賭け、コーヒーも販売しています。
客が長居することで儲かるのが原理となっているパチンコ店は、列記とした商売となります。

サービスを提供して、サービスに対してお客は支払う、そういう仕組みになっています。1週間で数百万円を売り上げるパチンコ店の利益はこの半分以上を利益としなければ成り立ちません。しかし、「出ないパチンコ店」とレッテルを貼られてしまうと奥アクが来なくなってしまいます。

長く売ってもらって、たくさんお金を落として行ってもらうためにパチンコ店のサービスへの向上は日々積み重ねられているのです。

パチンコ店で遊べる人

成人であれば男女関係なく遊ぶことが可能です。最近ではペットなども連れてきている人がいるほどです。
昔であれば、お父さん、お母さんを迎えに小さな子供がちょこっと顔を抱いていたこともありますが、今ではいかなる理由があっても未成年者の入場は固く禁じられています。

パチスロとは?

パチスロとは、パチンコ店のスロットのことを指します。息の長い機種になると20年以上もリニューアルを繰り返しながら提供されているものもあります。

最近の機種で息が長い機種といえば、​​「パチスロ百花繚乱サムライガールズDK」が知られています。

「パチスロ百花繚乱サムライガールズDK」

パチスロ百花繚乱サムライガールズDK」は、D A X E Lの5号機でコイン持ちの良さや、1Gあたり約3枚増加、に加えて超ハーレムボーナスとハーレムボーナスの2つのボーナスでは50ゲーム+@、ハーレムチャンスは1セットベル10回+@と、なかなかの侍ぶりです。

ストーリー性が高く、アニメの世界に引き摺り込まれたような感覚が人気の秘密でしょうか?

​​ゲームの流れは至ってシンプル。
基本ゲーム→チャンスゾーン→類似ボーナス→基本ゲーム→チャンスゾーンと巡回していきます。通常時のNeXTチャンス発動中は、残り周期ゲームが表示され、周期が到達された時点で類似ボーナスのチャンスとなる。
そして、ムネアキラゾーンの突入で、周期ゲームゲーム数減算となる大チャンスが!
決算特化ゾーンの“愛アタック”の突入で周期ゲーム数の減算のみでなく、チャンスゾーンの決戦の刻や類似ボーナスも期待できる。
チャンスゾーンの集結の刻や、決戦の刻投入で類似ボーナスのチャンス。ボーナスの選択が可能で、チャンスゾーンモード中は、決戦の刻の獲得チャンスゾーン「契リールチャンス」が搭載されている。

それぞれのモード

しかし、この頼もしい機種はストリートモード中には12話の漫画が楽しめる設定がこなされている。よそ見をしている暇のない機種であるといえる。周期ゲームの到達や、仲間の数に応じて、背景色がステップアップしていくので、打っていて周りの人に自分の腕の凄さを自慢したくなってくるパチスロ台です。仲間が増えれば増えるほど、類似ボーナスのチャンスが訪れます。
リーチ確定となった場合、「嬉し恥ずかし将士の契り」が発生。
発生すれば、類似ボーナス「超ハーレムボーナス」「ハーレムボーナス」の5連ちゃん以上が確定。そして、初回は超ハーレムボーナスが確定する。
チャンスゾーンモード中は、決戦の刻の獲得チャンスゾーン「契リールチャンス」が搭載されている。ストリートモード中には12話の漫画が楽しめる設定がこなされている。よそ見をしている暇のない機種であるといえます。

パチスロファンが大好物の目押し機種。左から順番にB A Rの下にあるチェリーを狙い打ち、そして残りの2リールは適当にポンポンと打っていく。ただし、左端のリールにスイカが着陸した時は、最後の3番目のリールでもスイカ絵柄を目押し打ち。

パチスロ歴が長い人であればあるほど、パチスロ百花繚乱サムライガールズDKの熱狂的ファンのようです。

スーパープラネット

この機種はすでに20年以上も愛され続けているロングセラーとなっています。
当たりが出やすいのとリーチ目が多いので人気です。

スーパープラネットのビッグボーナスは「笑いが止まらないほど勝てる」と言われています。毎ゲーム左リールにBARを狙い、残りリールをフリー打ちすれば勝率が上がると言われている伝説のパチスロです。BARの排出コイン数は約108枚、7の大当たりで約300枚となっている。

みなさん、これを聞いたら一度はトライしたくなりましたか? スーパープラネットはこちらの店舗でプレイが可能です。

About Me

ミナミヒロシ
カジノガイドジャパンでコンテンツリーダーを務めるのはヒロシです。ヒロシは、専門家であるカジノライターのチームを管理するだけでなく、新人ライターがスムーズにカジノガイドジャパンのチームに参加できるように、新人ライターの発掘やトレーニングも担当しています。