ユニバーサル社、IR閉鎖による影響がパチンコ部門の成長を上回り、2020年度の売上低下

パチンコ機メーカーで統合型リゾートを運営するユニバーサルエンターテインメント株式会社は、2020年の売上高が27.3%減の908億7,000万円(6億2,530万英ポンド/7億1,420万ユーロ/8億6,580万米ドル)になったと発表しました。

この収益のうち、617億9000万円はパチンコ機の売上によるものであり、これは19.7%上昇している。

一方で、277億円は統合型リゾートであるオカダマニラによるもので、これは37%低下している。また12億円はその他の売上により生じたもので、これにはソーシャルおよびビデオゲームが含まれる。

パチンコ機の売上およびその他の収益は、139,152台のパチンコ機が販売された日本で生じたものである。

統合型リゾートによる収益の落ち込みは、新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的流行に際し、規制機関であるフィリピンアミューズメントアンドゲーミングコーポレーション(PAGCOR)からの命令に従って、3月15日にオカダマニラが閉鎖されたことによる。

操業は9月9日に再開されたが、集客は施設の収容能力の30%に制限されたままであった。

売上原価407億8000万円を減算すると、ユニバーサル社の総利益は500億1000万円となり、22.7%の減益となる。

しかし、ユニバーサル社の販売費、一般管理費は475億4000万円に下落しているため、営業利益は25億6000万円となる。
18億5000万円の営業外利益を計算すると、ユニバーサル社は93億5000万円の損失を出したことになり、これは2019年よりも16.5%高い。

これは大部分、ユニバーサル社が非支配株、および利子分の101億7000万円を含む136億6000万円の営業外利益を持つ事業から得た利益から成る。

その後ユニバーサル社は、特別損失としてさらに105億円を負い、このうち91億7000万円はコロナウィルスの世界的流行によるオカダマニラリゾートの閉鎖に関連している。

つまり、ユニバーサル社の税引前損失は197億4000万円となり、対前年比で113.1%上昇したことになる。

正味5億1700万円の所得税を減算すると、ユニバーサル社の純損失は合計で192億2000万COPYTRACKとなり、2019年の損失を270.0%も上回ることになる。

将来を評してユニバーサル社は、新型コロナウィルス(COVID-19)世界的流行の影響により、同社の両部門の先行きは不透明だとしている。

同社は、アメリカにある統合型リゾート事業を分社化し、特別買収目的会社(SPAC)との提携を通じて上場する計画を発表した。

オンラインカジノランキング2021年のお勧めランキング
Vera & John高額なウェルカムボーナス
カジノガイド懸賞ツイッターで

Get Slots Casino ゲットスロット

ゲットスロットってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Mr Play Casino ミスタープレイカジノ

ミスタープレイカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

King Billy Casino キングビリーカジノ
King Billy Casino キングビリーカジノ

キングビリーカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Casino Friday カジノフライデー
Casino Friday カジノフライデー

カジノフライデーってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説

Loki Casino ロキカジノ
Loki Casino ロキカジノ

ロキカジノってどんなオンラインカジノ?安全性から魅力まで徹底解説