カジノニュース

バカラ 罫線の使い方

Baccarat How to use ruled lines

バカラのとっておきの攻略法といえば罫線です。罫線はバカラ特有の「メモ帳」で、攻略法というよりかは、競馬や競輪の予想に似ています。

罫線で通常使用されるのは、大路(ダイロ)、小路(ショウロ)、大眼仔(ダイガンチャイ)の3つです。

勝負を1勝負毎に記帳し、次の試合を予想するという方法になります。どの罫線の方法も大路が基本となりますので、まずは大路をマスターしてみましょう。

バカラ 罫線大路

罫線の記帳方法は、色分けをした丸印で進めていきます。バンカーが勝利となった場合には赤色で、プレーヤーが勝った時には青色で、引き分けとなった場合には、斜線で記帳をしていきます。

昔によく使用されていた半分が赤色で、半分が青色の鉛筆が使いやすいといえます。

縦6マス、横15マスのグラフを四角のマスを作ります。最初からグラフ形式になっているものや、百事長なども代替えできます。
罫線は縦より横に長く記帳されることが多いので、横に長い四角のマスを縦横に線を引いて作ります。
記帳は左側より右側に進んでいきます。

バンカーが最初の試合で勝利となった場合に、赤でマスの中に丸印をつけます。そして次の試合もまたバンカーが勝利となると、先ほどつけた丸印の下に赤で丸印を記入します。
次の試合もバンカーの勝利となれば、そのまた下に印を記帳します。
このように勝てば下へ記帳していきます。

そして次の試合でプレーヤーが勝利となった場合には、今度は青色で先ほどのバンカーの勝利の記帳をしたマスの隣上から印をつけていきます。
そして、次の試合にプレーヤーが勝った際には、先ほどのバンカーの勝利と同じように下へ基調します。

そして、タイ(引き分け)となった際には、最後に記帳した印の下へ斜線を書き込み、次の試合よりその隣上より再開させます。

これが大路の記帳の仕方となります。小路(ショウロ)、大眼仔(ダイガンチャイ)はこれを基礎として記帳していきますが、記帳は大路と同じく、赤と青で記帳していきます。

小路(ショウロ)

小路の記帳方法は、大路と異なり勝ち負けで記帳して行くのではなく、同じ動きがあったかなかったかになります。
同じ動きというのは勝敗のことになりますが、目の視点を変えて記帳します。大路の9戦目より小路を開始することができます。

大路の試合でバンカーが勝ち続けていたのに、次はプレーヤーが勝った時に青色で記帳を開始していきます。
これは過去のゲームの流れを記帳して行く方法ですので、いきなり小路からというよりは、大路のゲームを元にした、過去から現在の流れを記帳するということになります。2列手前の記録帳の同じ位置の結果を元にしてつけていきます。

眼仔(ダイガンチャイ)

眼仔(ダイガンチャイ)は小路と同じ方法で記録していきますが、1列手前の結果を見ながら記録していきます。

まとめ

大路が基本となりますので、しっかりと覚えてバリエーションに富んだ記録帳をイメージして記録していきましょう。

ABOUT ME
ウエノタク
カジノガイド・ジャパンの大切なカジノエキスパートの一人であるタク。カジノガイド・ジャパンに入社して約2年になりますが、このサイトを今日のような状態にするために重要な役割を果たしてくれました。