パチンコ

日本でパチンコをするにはどうしたらいいですか?

日本でパチンコをするにはどうしたらいいですか?

シンプルにパチンコ店へ行きます。通常2、3店舗並んでいることが多く、どの店舗に入場すれば良いのか迷ってしまいますが、各店舗同じ機種もあれば、異なる機種も設置されています。

店舗を選ぶポイントとしては、台の上に設置されているランプの点灯が、多ければ多いほどその店舗は勝ちやすい店ということになります。パチンコホール・パチンコパーラー・パチ屋などとも呼ばれており、遊技場とされているので、成人であれば入場可能です。

パチンコには種類があり、コインで遊ぶスロット台、玉を弾くパチンコ代、フィーバー台、雀球等の遊技機器などに分かれます。スロットは、1コイン10円〜20円あたりで販売されており、最低購入数は2000枚〜3000枚とされている所がほとんどです。

7を3つ揃えるとフィーバーとなりますが、この時の払い戻し枚数は各ブランドで異なります。スロットといえば、20年以上も前より提供され続けているスーパープラネットが有名ですね。目が揃いやすく、払い戻し率が高いことで今でも人気のあるスロット台です。

受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が4月1日から全面施行されましたので、どのパチンコ店も全店禁煙となっています。

ABOUT ME
カイドウミア
ミアはカジノライターの逸材です。彼女は、日本でプレイできる様々なオンラインカジノの重要な側面を理解するために何時間も(時には何日も)費やし、カジノガイドジャパンの読者が自身の性格やプレイスタイルに合った最高のボーナスやカジノ環境を簡単に見つけられるように、それらを明確かつ簡潔に提供しています。